見せ場たっぷりのお色気女子プロレス試合 範田紗々vs黒木いくみ

かつてバトルプロレス界でVIP待遇で迎えられ、鮮烈デビューしたが弱そうな新人レスラーにまさかの敗北。さらには名誉挽回の2戦目では悪徳レフェリー阿部二郎を味方につけてもらい、勝利をお膳立てされているにも関わらず、いまだ惨敗が続いている見た目はアイドルレスラー範田紗々。久しぶりに記者会見を開いた彼女は「反バトル連盟ハンター」を勝手に名乗り、群雄割拠する女子プロレス界に統一をもたらしバトルのピンチを救うのだと息巻いている。
その記者会見に姿を現し挑戦を名乗り出たのが美人レスラー黒木いくみだった。彼女は「相手の攻撃を受けて萌えているのではないか? ドMなのではないか?」と噂された危ないマゾ系の女子レスラー。現在では思うことあってか反バトル連盟に参加して飛躍を誓っていた。

ABVセクシープロレス試合をお届け!

 

作品名:範田紗々 ザ・VIP伝説 第2章 反バトル連盟ハンター紗々様
範田紗々:158cm B90 W59 H82
黒木いくみ:162cm B84 W60 H88
メーカー:バトル
収録時間:73分

バトル最弱のVIP範田紗々と、反バトル連盟のレスリングマゾ黒木いくみ、果たしてどちらが弱いのか?二人の女子プロレス試合は、感情高ぶる2人の口論の末に「負けたら土下座マッチ」というルールになった。まさに女たちの激しい感情交じりの私闘なのだ。周りは呆れて見ているほかはない。
そして試合では、序盤から怒声が飛び交う女の激しいキャットファイトらしい展開が繰り広げられる。相手の技をくらっては、我慢する事が出来ずに情けなく簡単に泣き叫ぶ始末。それでもプロレス技術的には二人のサブミッションが上手くて試合としてうまく成り立っている。
とも連敗中の選手同士、負けたら土下座というか、それ以上に屈辱なのは全ての女子選手の中で最弱という汚名が着せられてしまう。範田紗々のキャメルクラッチに対して悲鳴とも喘ぎ声ともつかない声をあげるドMの黒木いくみ。一方、顔面騎乗されたり開脚させられたり、黒木にプロレスとは思えぬ恥かしい屈辱的な技を受けてしまう範田。果たしてこの勝負どちらが負けるのか?そしてどちらかが久しぶりの勝利を得ることが出来るだろう。最弱の名をほしいままにするのはどちらの選手か?負けたら土下座マッチ、果たして最弱の女子レスラーはどちらだ?

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA